世界をより美味しい場所へ

世界トップクラスのシェフとソムリエが食品・飲料品の評価および認定を致します

優秀味覚賞とは

『一度きりの人生、できるだけ多くの美味しいものを飲み、美味しいものを食べたい』当機構はそんな信念のもと、優秀味覚賞を創りました。

優秀味覚賞は、世界トップクラスのシェフやソムリエで構成された審査員団により高く評価された食品および飲料品に対して、当機構International Taste Instituteが提供している認証です。

2005年以来、100ヵ国以上から何千もの製品を評価してきました。一流の美食の専門家で構成された審査員団のおかげで、優秀味覚賞は食品飲料品業界で広く認められています。世界で最も権威のある味覚認証だと言えるでしょう。

優秀味覚賞受賞のメリット

「味覚」は、視覚、嗅覚、風味、食感、後味など様々な感覚が組み合わさって伝わる非常に複雑なものです。

優秀味覚賞は、味覚の専門家である審査員団が上記の5つの基準に沿って官能評価し、その結果平均70%以上の評価を獲得した製品に認定されます。

つまり、認定された製品はプロの美食家が認めた非常に優秀な製品です。毎年何千もの製品が評価されますが、認定されるのは優秀な製品のみです。

極めて優秀な製品
極めて優秀な製品:総合評価90%以上
特記に値する製品
特記に値する製品:総合評価80%以上90%未満
美味しい製品
美味しい製品:総合評価70%以上80%未満

審査員団について

審査員団は200人以上のプロのシェフとソムリエで構成されています。

審査員は一人一人、経験や実績によって厳格に選抜されます。彼らの才能は、シェフとソムリエのコンクールやミシュランガイド、ゴ・エ・ミヨなどの有名な機関で正式に認められています。

審査員団は実に20ヵ国以上のインターナショナルな集団で、全員独立しています。我々は定期的に彼らの審査態度や能力をテストしているため、常に高度なフィードバックの提供が可能です。

Fabrice d’Hulster
Octávio Ferreira
Gabriel Biscay
Antoine Lehebel
Cristina Figueira
Konstantinos Stravroulakis
Gaetano Raguni
Tom Smet
Stijn Roelandst
Manuel Jimenez
Pascal Niau
Ferran Centelles
Alan Coxon
我々は世界クラスの審査員と厳格な方法論を非常に誇りに思っており、食品飲料品業界でも権威ある優秀味覚賞を授与しています。

フェラン・センテレス

エル・ブリ財団のソムリエ長

ソムリエ審査員長

評価方法について

製品は目隠し方式で審査されます。客観的な評価を保証するために、ブランド名、メーカー名、生産国などの情報は審査員には与えられません。審査員は製品の簡単な説明のみを受けます。

審査員団のシェフやソムリエは直観のみで審査することはありません。客観的な5つの国際官能分析基準に従って審査します。

第一印象

見た目

匂い

後味

食感

当ウェブサイトは、ユーザーのウェブ閲覧体験改善のためにクッキーを利用しています

このページのリンクをクリックすると、クッキーを設定することに同意したことになります 詳細